名古屋の糖尿病専門医

糖尿病の薬物療法

--- --- --- --- ---

糖尿病の薬物療法(のみ薬)

糖尿病の薬物療法のポイントは
 血糖値を下げることが一番大切
 膵臓(すいぞう)のβ細胞がインスリンを出す力が弱らないような治療をする
ことです。

SU剤 (オイグルコン、ダオニール、グリミクロン、アマリール)
血糖値を下げる力は最も強い飲み薬ですが、長年(5−10年間以上)飲み続けることで 膵臓(β細胞)のインスリンを作る力が落ちてくることが多く、糖尿病が悪化してしまうかもしれません。他の薬を増やして、少量にするか中止したほうが良いでしょう。
また薬の量が多すぎたり、他の薬との組み合わせで低血糖を起こすことがありますので注意してください。

速効型インスリン分泌促進薬 (グルファスト、ファスティック、スターシス、シュアポスト)
飲んですぐにインスリンの分泌をうながすために 食事の直前(5分以内)にのむことが大切です。外食の時は注文した食事がテーブルに置かれてから飲まないと低血糖を起こしてしまうことがあるので注意してください。
グルコシダーゼ阻害薬といっしょに飲むことで食後の血糖上昇をしっかりおさえてくれます。

αグルコシダーゼ阻害薬 (セイブル、ベイスン、グルコバイ)
腸からの糖質の吸収をゆっくりにする薬で、食後の血糖値の急激な上昇をおさえます。下痢・便秘・おならが増えるなどの副作用がでることがあります。
糖尿病の前段階(IGT)の人がのむと糖尿病の発症を抑えられるという証拠がでていて、糖尿病と診断されていなくても保険適応となっています。

メトホルミン (メトグルコ、メルビン、グリコラン)
膵臓から出たインスリンが体中で良く効くようになるお薬で肥満の人で特に良く効きます。昔からある薬で長期間の安全性が確立されおり、低血糖を起こす可能性もほとんどありません。
糖尿病の前段階(IGT)の人がのむと糖尿病の発症を抑えられるという証拠がでています。
腎不全の人が飲む場合には注意が必要です。

ピオグリタゾン (アクトス)
膵臓から出たインスリンが体中で良く効くようになるお薬で、低血糖を起こす可能性もほとんどありません。塩分をとりすぎの人でむくみ、カロリーをとりすぎの人で体重増加をきたしやすくなりますので気をつけましょう。
糖尿病の前段階(IGT)の人がのむと糖尿病の発症を抑えられるという証拠がでています。
またインスリン注射をしている人が飲むとインスリンの量を減らしたり中止できることがあります。

インクレチン関連薬
DPP‐4阻害薬 (グラクティブ、ジャヌビア、エクア、ネシーナ、トラゼンタ、テネリア、スイニー)
GLP-1アナログ(注射) (ビクトーザ、バイエッタ、ビデュリオン、リキスミア)

→インクレチン関連薬のページをご覧ください

肥満症の薬物療法

リパーゼ阻害薬(オブリーン)
発売準備中の体重が減る薬です。膵臓から出る消化液リパーゼを作れなくすることで脂質の消化をしにくくします。吸収されなかった脂質が便に混じるため脂肪便・下痢などの副作用があります。
内臓脂肪を減らして、糖尿病、脂質異常症、高血圧症を改善します。
BMIが25以上の肥満があり2型糖尿病と脂質異常症もある人に限り処方できます。
糖尿病のない方に対するダイエット目的での自費診療による処方は当院では受付していません。
(BMI25以上とは身長150cmでは体重56.25kg以上、身長160cmでは体重64kg以上、身長170cmでは体重72.25kg以上、身長180cmでは体重81kg以上のことです)

--- --- --- --- ---

→次のページへ


医療法人TDE
糖尿病・内分泌内科
クリニックTOSAKI

【診療科目】
内科
糖尿病・内分泌内科

【受付時間】
水曜、土曜午後、日曜、祝日は休診です

【TEL】
(052)800-2333
「予約優先」
※初診の方でもお電話で
 ご予約できます。

【FAX】
(052)800-2332

【住所】
〒468-0009
愛知県名古屋市天白区
 元植田2丁目1007

地図 名古屋市 天白区


【リンク】
レシピ集
クリニックスタッフによる
「糖尿病対策レシピ集」