名古屋の糖尿病専門医

インクレチン関連薬(DPP‐4阻害薬,GLP-1アナログ)

--- --- --- --- ---

インクレチン関連薬

インクレチンとは腸から吸収されたブドウ糖の濃度に応じてインスリンの分泌を促すホルモンで、新しい糖尿病治療薬として効果が注目されています。
代表的なものにGLP-1 (Glucagon-like peptide-1:グルカゴン様ペプチド-1)があり、2010年より注射薬として日本でも発売されました。

 腸に食物が入る →血糖値が上がる →インクレチン分泌 →インスリン分泌 →血糖値が下がる

またインクレチンはDPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ-4)という酵素によってすぐに壊されてしまうため、この酵素の働きを抑えることでインクレチンは壊されにくくなり、食後の血糖値が下がります。
この薬をDPP-4阻害薬と呼び、2009年末より国内でも発売開始となりました。GLP-1を直接注射するよりも効果は弱いですが、飲み薬として簡単に始められます。

これらの新しい薬はまとめて「インクレチン関連薬」と呼ばれています。当院では国内で発売中の全てのインクレチン関連薬を取り扱っています。

--- --- --- --- ---

DPP‐4阻害薬
(グラクティブ、ジャヌビア、エクア、ネシーナ、トラゼンタ、テネリア、スイニー、オングリザ)

2009年末より日本でも発売開始となったテレビなどでも話題のインクレチン関連薬(のみ薬)です。まだヒトでは証明されていませんが膵臓がインスリンを分泌する力を高める可能性が期待されてい ます。
効果:食物が腸に入ってきた時だけにインスリンの分泌を促し血糖値を下げ、インスリンの効果をじゃまするグルカゴンの分泌を抑えます。また胃から食物が腸に送られるスピードを抑えます。
副作用:飲み始めに軽い吐き気や胸やけ、便秘がみられることがありますが、1週間から1カ月でなくなる人がほとんどです。我慢できそうな程度の吐き気や便秘であれば中止しないで飲み続けることをおすすめします。ひどい場合は中止して主治医にご相談ください。
低血糖を起こす可能性もほとんどありませんが、SU剤といっしょにのむと低血糖を起こすことがあります。

(ザファテック、マリゼブ)

1週間に1度のむだけでよい新DPP-4阻害薬ザファテック(トレラグリプチン 武田薬品)が2015年5月に発売されました。薬価は1日1回のむDPP-4阻害薬の1週間分と同じです。
マリゼブ(オマリグリプチン MSD)も2015年11月に発売され、1日1回のむDPP-4阻害薬と同等の効果があるといわれています。
薬を飲む回数を減らしたい人に向いています。毎日だと飲み忘れが多くなってしまう人には、1日1回の薬より有効な可能性があります。
当院で週1回の薬を飲まれた人へのアンケート調査では治療に対する満足度が上がったと 答えた人が増えていました。

--- --- --- --- ---

GLP-1アナログ(注射) (ビクトーザ、バイエッタ、ビデュリオン、リキスミア、トルリシティ、セマグルチド)

2010年に日本でも発売開始となったテレビなどでも話題のインクレチン薬(注射)です。膵臓がインスリンを分泌する力を高める可能性が期待されていて、ネズミではすでに証明されています。
食事を食べた時にでるインスリンの分泌を促すDPP‐4阻害薬よりも強力な注射の薬です。1日1‐2回の注射です。
効果:食物が腸に入ってきた時だけにインスリンの分泌を促し血糖値を下げ、インスリンの効果をじゃまするグルカゴンの分泌を抑えます。また食物が胃から腸に送られるスピードを抑え、食欲もやや低下させます。またアメリカでは体重が減少することが証明されており、肥満を治療する薬としても使われています。
副作用:注射を始めると吐き気や胸やけ、便秘がみられることがありますが、1週間から1カ月でなくなる人がほとんどです。我慢できそうな程度の吐き気や便秘であれば中止しないで続けることをおすすめします。ひどい場合は中止して主治医にご相談ください。単独では低血糖を起こす可能性もほとんどありませんが、SU薬も飲んでいる人は低血糖を起こすことがありますので注意が必要です。
また膵臓からのインスリンの分泌が極端に悪い人や1型糖尿病の人がインスリン注射を突然中止して使用すると糖尿病性ケトアシドーシスとなる場合があります。使い慣れた医師の指導のもと、正しい評価のもとに使用されることをおすすめします。

ビクトーザ
1日1回の注射ではじめての注射の方でも比較的気軽にはじめていただけます。現在の飲み薬に追加することでこれまでにない効果を期待できます。認知症やパーキンソン病の治療にもなるという報告もあります。
量の調節が可能という利点があります。

バイエッタ
1日2回(朝、夕)の注射ですが効果はビクトーザより強力です。膵臓からのインスリン分泌が残っている人であればインスリン注射を中止できる人もいます。インスリン3回注射から切り替えて 「HbA1cは低下したのに低血糖の回数が減った」という人が当院でも複数いらっしゃいます。

ビデュリオン
2013年5月より発売された1週間に1回の注射です。効果はバイエッタよりやや弱いですが、体内でゆっくり溶けるために1週間以上効果が持続します。他の糖尿病の注射と比較して針がやや太いのが難点です。

リキスミア
2013年9月より発売の1日1回の注射です。持効型インスリンと同時に使うことができるため、膵臓の機能が弱っている人でも強い効果を期待できます。
量の調節が可能という利点があります。

トルリシティ(一般名:デュラグルチド)
2015年9月より発売された1週間に1回の注射です。振って溶かす操作がいらないうえに、針が細く、1日1回注射以上の効果があると欧州の糖尿病学会で報告されています。
注射キットの名前は、アテオス。(当てて押すだけの)操作はこれまでの注射と比べると革命的な簡単さで、ほぼ1回の説明でおぼえていただくことができます。
インスリンといっしょに使うこともできます。

セマグルチド
2016年に発表された1週間に1回の注射で2018年に日本でも発売が期待されている薬です。強い効果に加えて量の調節が可能、針が細いという利点を併せ持っているとされています。

当院では自己注射を経験したことのない方でも外来で注射指導をしています。自己注射は一時的に体験してみて、自分の生活に合わないと思えばやめることも可能です。お気軽にご相談ください。

インクレチン関連薬はこれまでの糖尿病治療を大きく変えてしまうほどの衝撃をもたらしました。今後の長期的な安全性の確立と効果の検討が期待 されています。
当院ではインクレチン関連薬の膵臓β細胞への効果についての検討(研究)をしています。ご興味のある方はぜひご相談ください。

--- --- --- --- ---

→次のページへ


医療法人TDE
糖尿病・内分泌内科
クリニックTOSAKI

【診療科目】
内科
糖尿病・内分泌内科

【受付時間】
水曜、土曜午後、日曜、祝日は休診です

【TEL】
(052)800-2333
「予約優先」
※初診の方でもお電話で
 ご予約できます。

【FAX】
(052)800-2332

【住所】
〒468-0009
愛知県名古屋市天白区
 元植田2丁目1007

地図 名古屋市 天白区


【リンク】
レシピ集
クリニックスタッフによる
「糖尿病対策レシピ集」