名古屋の糖尿病専門医

糖尿病の検査

--- --- --- --- ---

75gブドウ糖負荷試験(OGTT)

ブドウ糖が溶けたサイダー水を飲んで、その後の血糖値や血中インスリンなどの変化をみる検査です。主に糖尿病の診断のために行います。

食事の前は正常な血糖値なのに、食後だけ血糖値が急激に上がる”血糖値スパイク”が起きているかどうかも調べることができます。

健康診断で空腹時血糖100r/dl以上またはHbA1c5.6%以上の場合、家族に糖尿病の人がいる場合では、ブドウ糖負荷試験を行うことが望ましいとされています。(糖尿病診療ガイドライン 日本糖尿病学会)

すで糖尿病になっているのかまだ境界型なのか、食事と運動療法だけで大丈夫な状態なのか、お薬が必要だとしたらどんな種類のものが体に合うのかがわかります。

前日は夜9時までに夕食をすませ、当日は空腹の状態で来院してください。
ブドウ糖を飲む前、30分後、60分後、120分後と合計4回採血します。
待ち時間の間は動くと血糖値が変わってしまうため外出できません。お好きな本や音楽等お持ちください。
当院ではブドウ糖負荷試験を毎日実施しており、待ち時間に栄養指導をうけたり糖尿病のDVD映画を見ることができます。(空腹で朝10時までにお越しいただけば当日でも可能ですが、1日2〜3名までですのでお電話でのご予約をお勧めします)

--- --- --- --- ---

1,5-AG値 【いちごエージー:1,5-アンヒドロ-D-グルシトール】

過去数日間の食後の血糖値が上がっている人ほど低下(悪化)する検査値です。

HbA1c値は食後1-2時間だけが高血糖になっている人は正常範囲内となる場合があります。
HbA1c値が良くても安心せず、時々1,5-AGも検査しましょう。

正常値
男性:15.0-45.0 μg/mL
女性:12.0-29.0 μg/mL

HbA1c値と反対で低いほど悪い(血糖値が高い)と評価します。
(HbA1c値が1-2か月前、GA値が2週間前の血糖値の変化を反映するのに対して、過去数日間の血糖値の変化を反映します。)
HbA1c値が6.9%(NGSP値)未満でも、1,5-AG値が10μg/ml以下では、食後の血糖値が上昇してしまっていて心筋梗塞や脳梗塞を予防するには不十分といえます。

1,5-AG値は尿糖の多い人ほど低くなります。HbA1c値が高い(8.4%以上)場合は食前も食後も尿糖がでていることが多く 1,5-AG値が下がりきってしまい検査する価値がありません。

--- --- --- --- ---

GA(グリコアルブミン)

HbA1c(ヘモグロビンA1c)と同じように最近の血糖値のめやすになる検査です。
HbA1cが過去1-2ヶ月を反映するのに対して、GA(グリコアルブミン)は過去1-2週の血糖値の変化を反映します。

正常範囲 12.4〜16.3%

糖尿病の人でGAが正常よりも高い場合は血糖値が過去1-2週間で高かったということになりますので、できれば19.5未満を目指しましょう。
HbA1c値(JDS値)のおよそ3倍くらいになると言われています。(同じような血糖コントロール状態がつづいている場合)
HbA1c値よりももっと最近の血糖コントロールを知りたい時(インスリン治療中の患者さんで血糖値の変動が大きい場合、薬を飲み始めて6ヶ月以内の場合)、貧血などでHbA1cが参考にならない時などに測定します。

--- --- --- --- ---

→次のページへ


医療法人TDE
糖尿病・内分泌内科
クリニックTOSAKI

【診療科目】
内科
糖尿病・内分泌内科

【受付時間】
水曜、土曜午後、日曜、祝日は休診です

【TEL】
(052)800-2333
「予約優先」
※初診の方でもお電話で
 ご予約できます。

【FAX】
(052)800-2332

【住所】
〒468-0009
愛知県名古屋市天白区
 元植田2丁目1007

地図 名古屋市 天白区


【リンク】
レシピ集
クリニックスタッフによる
「糖尿病対策レシピ集」