名古屋の糖尿病専門医

糖尿病とは?

--- --- --- --- ---

糖尿病とは

糖尿病とは血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が上がる病気です。
血糖値が高くてもすぐに問題となることはあまりありませんが、数年間続くと全身の血管を障害して合併症をひきおこす可能性が高くなります。
この合併症を防ぐために血糖値を下げることが糖尿病の治療の目的です。

糖尿病の代表的な合併症(とその症状など)
・糖尿病性神経障害 両足のしびれ・痛み 立ちくらみ など 
・糖尿病網膜症 視力低下 失明 など  
・糖尿病性腎症 タンパク尿 むくみ 人工透析 など
・心筋梗塞   急な胸の痛み 心停止 など
・脳梗塞    手足の麻痺 呂律がまわりにくい など
・足えそ     足の皮膚が赤くはれる 足が腐る など
・歯周病    歯肉の痛み 歯が抜ける など

これらの合併症や症状は糖尿病になってすぐにでてくるわけではではありません。
では、糖尿病のごく初期にはどのような症状がでるのでしょうか?

--- --- --- --- ---

糖尿病の初期症状

糖尿病初期で軽度の時や境界型糖尿病のうちは症状(自覚できる糖尿病の兆候)はほとんどありません。

・健康診断などで血糖値が高いと指摘された
・かぜで受診したクリニックで尿糖がでているといわれた
・HbA1cが高いといわれた
など何の症状もないのに検査値の異常ではじめて指摘される人が多い病気です。

血糖値が一時的に200mg/dlくらいでは痛くもかゆくもありません。これが糖尿病の恐ろしいところです。
そのため
「病気だといわれてもどこも悪いところがないから自分は治療をする必要がない気がする」
「検査結果は何かの間違いではないか」
「糖尿病かもしれないが自分にかぎってはそんなに悪化しないと思う」
「何も症状がないのになぜ治療しなければいけないのかわからない」
などと考えてしまわれる人が多く、とりあえずしばらく様子を見てみようと自己判断され、数年後には糖尿病、糖尿病の合併症が悪化してしまったといった人にこれまで数多くお会いしました。
症状がなくても糖尿病による血管障害は気付かない間に進行します。
少しでも軽いうちに治療を始めてください。
健診でHbA1c値(NGSP)が5.6%以上の方は食事療法と半年に一度以上の検査をお勧めします。

糖尿病の症状

ある程度進んで血糖値が高くなってくると以下のような症状がでます。(この時期はすでにかなり糖尿病がすすんでしまった状態です。)

・のどが渇く(口渇)・・・ 血糖値が高いために水をのんで血液を薄めようと脳が生理的に反応するためです。
・水をたくさん飲む(多飲)・・・ 水ではなくペットボトルのジュース(糖質入り)をたくさんのんでさらに血糖値が上がってしまい倒れてしまう人もいます(ペットボトル症候群)。のどが渇いた時は水かお茶、またはカロリーゼロの飲料にしましょう。
・トイレに行く回数が増える(頻尿)・・・ たくさん飲んだ結果たくさん尿がでるという生理的な反応です。

さらに悪化し血糖値が悪化(食事前でも200mg/dl以上、食後300mg/dl以上程度)となると、

・体重が減る、痩せる(体重減少)・・・ 体内のインスリンがうまく働けず、たくさん食べても栄養をとりこめない状態で痩せていきます。 ひどい場合は1カ月に5-10kgも体重減少します。

さらに悪化すると

・吐く(嘔吐)、強い体のだるさ(全身倦怠感)など (糖尿病性ケトアシドーシス:DKA)・・・ 血液が酸性に傾き、血液や尿にケトン体が認められ緊急の状態です。すぐに適切な治療(大量の生理食塩水の点滴、一時的なインスリン注射など)を始めないと最悪の場合死亡します。

--- --- --- --- ---

糖尿病の合併症

糖尿病性神経障害
両足がしびれたり、立ちくらみがしたり、眼の動きが悪くなったり、便秘になったりと障害を受ける神経によって症状はさまざまです。血糖値が高い状態が続くとおよそ5年で現れます。
糖尿病性神経障害の詳細はこちら

糖尿病網膜症
気付かない間にだんだん視力が低下し、最悪の場合失明します。視力が落ちたので眼科で検査を受けたら糖尿病が見つかったという方もみえます。高血糖のために眼底の血管が障害されることが原因です。血糖値が高い状態が続くとおよそ7〜10年で現れます。
糖尿病網膜症の詳細はこちら

糖尿病性腎症
尿検査でタンパクがでるようになったり、足や顔がむくむようになったりします。高血糖のために腎臓の糸球体がこわれてしまうことが原因です。血糖値が高い状態が続くとおよそ10〜13年で人工透析が必要な体となってしまいます。
糖尿病性腎症の詳細はこちら

心筋梗塞・狭心症
心臓を覆っている冠動脈が高血糖のためにつまり心臓の筋肉に栄養がいかなくなり動けなくなります。ある日突然激しい胸の痛みにおそわれます。この病気で救急車で病院に運ばれてくる患者さんのほとんどが糖尿病か高血圧症か脂質異常症のどれかを持っています。たばこも原因の一つです。

脳梗塞
脳の血管が高血糖のためにつまり脳細胞が死んでしまいます。脳梗塞の範囲が広いと手足が動かなくなったりろれつがまわらなくなったりして後遺症が残り生活に大きな支障となってしまいます。この病気で救急車で病院に運ばれてくる患者さんのほとんどが糖尿病か高血圧症か脂質異常症のどれかを持っています。

歯周病
糖尿病の人が歯科健診で歯周病がみつかり治療をしたらHbA1c値が下がり糖尿病が良くなることがよくあります。糖尿病があると歯周病になりやすく、歯周病がかくれていると糖尿病が悪化します。定期的に歯科でチェックをしましょう。

足壊疽(えそ)
靴ずれ、巻き爪、足の水虫、床ずれなどが原因で足の皮膚に感染がおこり腐ってしまいます。ひどいと皮膚がとけて骨がむき出しになり足を切断しないと救命できない状態となります。糖尿病の悪い(血糖値の高い)状態の人ほどなりやすく切断の可能性も増えます。

→糖尿病の合併症(その他)の詳細はこちら

すべての糖尿病の合併症は血糖値が低い状態(HbA1c値が低い状態)を保つことで予防できます。
→HbA1c値について詳しくはこちら

--- --- --- --- ---

血糖値とHbA1c(ヘモグロビンA1c)

朝食前の血糖値の正常範囲は70‐109 mg/dlです。
健常者は食後(2時間)の血糖値でも140 mg/dlを超えません。

ふだんどのくらい血糖値が高いのかを知るために診察の時に血糖値を測りますが、直前の食事の影響を受けてしまいますので一回だけの検査ではふだんの状態を判定できません。

そこでHbA1c【ヘモグロビン・エーワンシー または エイチビー・エーワンシー】という検査値をいっしょに測定して指標にします。
(当院ではどちらも1分程度で測定できる機械があります)
HbA1cとは1-2カ月前の血糖値を反映して上下する検査値です。検査前の数日間だけ糖質が少なめの食事をしたりしてもほとんど影響を受けません。
このHbA1c値が8.4%(NGSP値)以上の状態が続くと合併症が出る可能性が高く、6.9%未満の状態を維持すれば合併症が出る可能性が少ないと考えられています。
hba1c目標

低い血糖値を保つには具体的にどのような治療があるのでしょうか?

--- --- --- --- ---

糖尿病がある人の数と治療を受けていない人の割合

糖尿病が強く疑われる人は国内で推計1千万人です。成人の12.1%です(男性16.3%、女性9.3%)。
これらの人のうち、治療をうけていない人が男性21.1%、女性25.8%もいらっしゃいます。
特に40歳代の男性は48.5%もの人が治療を受けておらず大変危険な状態です。(厚生労働省 平成28年国民健康・栄養調査)

糖尿病の可能性を否定できない糖尿病予備軍も推計1千万人です。成人の12.1%(男性12.2%、女性12.1%)。
ふたつを合わせると24.2%にもなり、成人の約4人にひとりが糖尿病または糖尿病予備軍ということになります。

 「糖尿病が強く疑われる人」は、HbA1c6.5%以上
 「糖尿病の可能性を否定できない人」は、HbA1c6.0%以上、6.5%未満 で判定しています。

→HbA1c値が6.0〜6.9%(NGSP値)の状態を放っておくとどうなるかについて、詳しくはこちら

--- --- --- --- ---

糖尿病の治療

食事療法
糖尿病のいちばん大切な治療方法です。。
食事療法でもっとも大切なことは適正エネルギー量の食事をとること、2番目に大切なことは炭水化物、 タンパク質、脂質が血糖に与える変化を理解することです。
詳しくは糖尿病の食事療法のページで解説します。

運動療法
食事で上がってしまった血糖値は運動してカロリーを使ってしまえば下げることができます。
詳しくは糖尿病の運動療法のページで解説します。

薬物療法
食事・運動療法だけでは血糖値が下がりきらない場合は薬をのんだり注射したりして血糖値をさげます。最近の研究では境界型糖尿病のうちから内服したほうが糖尿病に発展しにくいという薬の報告もあります。
詳しくは糖尿病の薬物療法のページで解説します。

--- --- --- --- ---

「なぜ糖尿病は怖いのか?少しの工夫で今すぐ始めよう!あなたの未来を変える生活の知恵」

--- --- --- --- ---

→次のページへ


医療法人TDE
糖尿病・内分泌内科
クリニックTOSAKI

【診療科目】
内科
糖尿病・内分泌内科

【受付時間】
水曜、土曜午後、日曜、祝日は休診です

【TEL】
(052)800-2333
「予約優先」
※初診の方でもお電話で
 ご予約できます。

【FAX】
(052)800-2332

【住所】
〒468-0009
愛知県名古屋市天白区
 元植田2丁目1007

地図 名古屋市 天白区


【リンク】
レシピ集
クリニックスタッフによる
「糖尿病対策レシピ集」